PR

ふるさと納税の干し芋!定期便のコスパ・ランキング2024

特集
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2024年、干し芋定期便をふるさと納税の返礼品にしている市町村は、全部で12か所

寄付をするなら、量の多くコスパの良い市町村を選びたい!

そこで、

それぞれの市町村について、寄付金1万円当たりの干し芋のグラム数を比べてみました。

干し芋定期便のコスパ・ランキング

干し芋定期便を返礼品にしている市町村について、寄付金1万円当たりの干し芋のグラム数をまとめてみました。

コスパの良し悪しの目安は「1,000g」、

1万円当たり1、000gを超えるならコスパは良いと言えそうです。

市町村製法コスパ
1山梨県笛吹市平干し1,311g/万円
2茨城県行方市平干し1,200g/万円
3茨城県筑西市平干し1,169g/万円
4茨城県つくばみらい市平干し1,169g/万円
5茨城県桜川市平干し1,165g/万円
6茨城県守谷市平干し1,111g/万円
7茨城県小美玉市平干し900g/万円
8茨城県土浦市平干し750g/万円
9茨城県牛久市平干し667g/万円
10鹿児島県志布志市平干し533g/万円
11茨城県牛久市平干し500g/万円
12茨城県八千代町平干し450g/万円

さつまいもの種類はすべて紅はるか、製法もすべて平干しです。

にもかかわらず、コスパの最高値は1,311g/万円、最低値は450g/万円であり、

その差、なんと861gもありました。

多くの市町村で取り扱っている茨城県の干し芋専門店「塚田商店」の同じ商品でも、

それぞれのコスパは異なります。

レモン
レモン

ここまで違うなんて、びっくり!

コスパの高い市町村の返礼品を選びたいですよね!

コスパのいい市町村の干し芋定期便 BEST5

次に、1,000g/万円を超える、1位から6位までの市町村の干し芋定期便を紹介します。

月回数や袋分けによって、いろいろな返礼品がありますので自分の希望に合うものを選ぶようにしましょう。

大人が1日に食べる干し芋は2~3枚、重さにすると70gぐらいよ言われています。

1ヵ月だと200gで、

未開封なら常温で約2カ月は持ちますから、

家族の人数で計算して、返礼品を選ぶべきでしょう。

第1位 山梨県笛吹市 コスパ:1,311g/万円

紅はるか 干し芋 豪華おまけ付き 「170g×5袋」を毎月3回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 36,000円

  • 山梨県笛吹市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 170g×5袋×3回、1回目紅はるか生芋2kgおまけ付き、3回目干し芋もう1袋おまけ付き
  • 1万円当たり1,311g

初回と最終回のおまけによって2,170gも増量された、お得感の高い返礼品です。

添加物や保存料を一切使わない、蔵熟成の干し芋は、程よい口当たりとやわらかい食感が虜になります。

少量食べ切りサイズの170gなのもうれしい。

第2位 茨城県行方市(なめがたし) コスパ:1,200g/万円

なめがたさんちの干しいも 「100g×12袋」を毎月3回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 30,000円

  • 茨城県行方市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 100g×12袋×3回
  • 1万円当たり1,200g

茨城県行方市は、干し芋定期便の返礼品コースのバリエーションが多く、3か月、6か月、12か月から選べたり、袋サイズもいろいろの9種類。

高糖度で肉質がしっとりしている紅はるかの干し芋です。

写真を見てもわかるように、黄金色が食欲を掻き立てますよね。

コスパ:1,200g/万円のバリエーションはこちら

内容量回数寄付金額詳細
100g×12袋12回120,000円楽天ふるさと納税で見る
200g×6袋12回120,000円楽天ふるさと納税で見る
300g×4袋12回120,000円楽天ふるさと納税で見る
100g×12袋6回60,000円楽天ふるさと納税で見る
200g×6袋6回60,000円楽天ふるさと納税で見る
300g×4袋6回60,000円楽天ふるさと納税で見る
100g×12袋3回30,000円楽天ふるさと納税で見る
200g×6袋3回30,000円楽天ふるさと納税で見る
300g×4袋3回30,000円楽天ふるさと納税で見る

第3位 茨城県筑西市 コスパ:1,169g/万円

茨城県産 紅はるか 塚田商店 「1500g」を毎月12回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 154,000円

  • 茨城県筑西市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 1500g×12回
  • 1万円当たり1,169

茨城県の干し芋専門店「塚田商店」の干し芋です。

5つの品質ランクの内、上から2番目の標準品、

化粧箱に入っているので、贈り物としてもおすすめ!

自然な甘みで癖になる、お芋の美味しさが凝縮された飽きの来ない一品です。

コスパ:1,169g/万円のバリエーションはこちら

内容量回数寄付金額詳細
1,500g×1箱12回154,000円楽天ふるさと納税で見る
1,500g×1箱6回77,000円楽天ふるさと納税で見る

他にも3回、1回もありますが、コスパは1,154円とやや劣ります。

第3位T つくばみらい市 コスパ:1,169g/万円

紅はるか 干し芋 標準品 化粧箱入り 「1500g」を毎月12回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 154,000円

  • 茨城県つくばみらい市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 1500g×12回
  • 1万円当たり1,169g

茨城県の干し芋専門店「塚田商店」の干し芋です。

5つの品質ランクの内、上から2番目の標準品、

化粧箱に入っているので、贈り物としてもおすすめ!

自然な甘みで癖になる、お芋の美味しさが凝縮された飽きの来ない一品です。

コスパ:1,169g/万円のバリエーションはこちら

内容量回数寄付金額詳細
1,500g×1箱12回154,000円楽天ふるさと納税で見る
1,500g×1箱6回77,000円楽天ふるさと納税で見る

他にも3回もありますが、コスパは1,154円とやや劣ります。

第5位 桜川市 コスパ:1,165g/万円

茨城県産 紅はるか 塚田商店 「1000g」を毎月12回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 103,000円

  • 茨城県桜川市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 1000g×12回
  • 1万円当たり1,165g

茨城県の干し芋専門店「塚田商店」の干し芋です。

5つの品質ランクの内、上から2番目の標準品、

化粧箱に入っているので、贈り物としてもおすすめ!

自然な甘みで癖になる、お芋の美味しさが凝縮された飽きの来ない一品です。

第5位 守谷市 コスパ:1,111g/万円

茨城県産 紅はるか 塚田商店 「1000g」を毎月3回

引用元:楽天ふるさと納税

 寄付金額 27,000円

  • 茨城県守谷市
  • さつまいも(紅はるか)
  • 1000g×3回
  • 1万円当たり1,111g

茨城県の干し芋専門店「塚田商店」の干し芋です。

5つの品質ランクの内、上から2番目の標準品、

化粧箱に入っているので、贈り物としてもおすすめ!

守山市は、1箱1,000gと1,500gの2種類を返礼品や月回数のバリエーションも多く、自分に合った定期便を選べるところが魅力です。

自然な甘みで癖になる、お芋の美味しさが凝縮された飽きの来ない一品です。

コスパ:1,169g/万円のバリエーションはこちら

内容量回数寄付金額詳細
1,000g×1箱12回108,000円楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱11回99,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱10回90,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱9回81,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱8回72,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱7回63,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱6回54,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱5回45,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱4回36,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱3回27,000楽天ふるさと納税で見る
1,000g×1箱2回18,000楽天ふるさと納税で見る

ふるさと納税の干し芋定期便|市町村のコスパ・ランキング

以上、ふるさと納税の干し芋定期便|市町村のコスパ・ランキングでした。

同じ干し芋でも、これだけのコスパの差があるんです。

干し芋を返礼品にしている市町村の多くは茨城県で、その中でも塚田商店の化粧箱入り干し芋を取り扱っているところが多いことがわかります。

塚田商店の干し芋なら、筑西市つくばみらい市のコスパがよく、

自分に合った月回数や内容量を選びたいのなら守谷市を選ぶと良いようです。

レモン
レモン

コスパを調べて、よりお得に故郷納税を利用しましょうね。

タイトルとURLをコピーしました